« ナンバリングとラベリング | Main | 「ゴール」と「ターゲット」 よく似た単語 »

May 18, 2022

国語の教科書で「リード文」の指導



 椿原正和先生の学テ対応の指導の中で、リード文の指導がある。

リード文とは、本文に入るまえに「このページにはこんな内容が書かれていますよ」と概略を訪問者に伝えて、理解を助けるための文章のことです。
導入文とも呼ばれます。 ページタイトルのあと、目次や本文のまえに配置されることが多いです。
・・・本文の前のちょっとした解説部分を決して見逃さないことが「初読」の大切なポイントになる。(ちなみに、このサイト読みごたえがあります。)
 では「学テ」ではなく、教科書の場合は「リード文」の指導はどうするか。
 2年生が扱っている「たんぽぽのちえ」に限らず、光村の多くの作品は、本文の前のページに「単元の扉」というちょっとした解説がある。
 これが「リード文」に相当する。
順序に気をつけて読もう。
たんぽぽのちえとは、どんなものでしょうか。
たんぽぽについて知っていることを友だちと話しましょう。
 本日観察した授業では、全文音読をさせていた。
 音読する度に、このリード文も読ませたら「順序」「ちえ」の意識を貫くことができる。
 本文の後にも、学習のページで「見通しをもとう」と、先の2点は示されている。
・じゅんじょが分かることばに気をつけましょう。
・たんぽぽは、どんなちえをはたらかせているかをたしかめましょう。
 ただし、学習のページは、さまざまな学習活動と、それにかかわる正解が示してあるので、このページを見せたくない先生が多い。
 一方、本文の前に置かれる「リード文」のページは、存在の価値が分からないので、このページを見せていない先生が多い。もったいない。
 「たんぽぽのちえ」を学習した後、「順序を習ったぞ」という実感を持たせないといけない。それが汎用的な読解力。
 本文後の学習のページには、リード文に対応して、「ふりかえろう」の欄がある。
 授業者は、ここまでしっかり教科書を活用してほしい。
◇しる じゅんじょが分かることばを、いくつ見つけることができましたか。
◇読む たんぽぽは、どんなじゅんじょで、ちえをはたらかせていましたか。
◇つなぐ なにかをせつめいするとき、どんなことばをつかいたいですか。
ただし、この3項目、自己評価のチェックボックスにしてもらった方が使い勝手はいい。

|

« ナンバリングとラベリング | Main | 「ゴール」と「ターゲット」 よく似た単語 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ナンバリングとラベリング | Main | 「ゴール」と「ターゲット」 よく似た単語 »