« 学級経営・学習指導の基盤は「楽しいことをする」に尽きる | Main | 年度初めにやっておきたいことは定点観測(実態調査)である。 »

August 17, 2022

「子どもの自尊感情を高める授業」は、教師の自尊感情も高めます!

次のようなPRがあります。

子ども達が変化する。
第一に、やる気になる。
第二に、熱中する。
第三に、何度でも挑戦する。
第四に、負けてもへこたれない。
第五に、「ルール」を守るようになる。
第六に、子ども同士の交流、コミュニケーションが展開される。
第七に、賞状をもらい、充実感、達成感を味わう。
第八に、クラスが一つにまとまる。

 

これは「ペーパーチャレラン」の紹介ですが、五色百人一首やソーシアルスキルカルタ、ふれあい囲碁、など多くのTOSS教材ならあてはまりそうです(TOSS教材に限るわけではありません)。
 ペーパーチャレランのチラシには次のようにあります。

TOSS教材の「ペーパーチャレラン」は、「五色百人一首」「名句百選カルタ」「スーパーとびなわ」くるりんベルト」「百玉そろばん」「TOSSノート」「赤ねこスキル」「話す聞くスキル」と同様に必須の教材である。
 教室がまとまり、子どもがやる気になり、子どもの学力が急上昇し、授業が楽しくなるのである。

・・・これは、子どもの視点から見た教材のよさです。
また、「話す・聞くスキル」の審査見本表紙には向山先生の言葉が次のようにあります。

日本で初めての音声言語スキルです。教室が爆笑につつまれました。
子どもたちが熱中しました。「先生、毎日やろう」と言われました。
すぐれた教材は、子どもの意欲をのばし、子どもに力をつけ、子どもを知的にします。
この教材ですばらしいクラスをつくって下さい。

 

 教師の視点で考えてみると、どうでしょうか?
 子ども達がやる気になり、熱中し、何度でも挑戦し、負けてもへこたれない。
 「ルール」を守るようになり、子ども同士の交流、コミュニケーションが展開され、充実感、達成感を味わい、クラスが一つにまとまる。
 このような成功体験を味わったら、教師の自己有用感はぐんとアップするはずです。
 よい教材を使うと、教師のセルフエステイームが上がります。
 自信のない教師・クラスをまとめられない教師こそ、優れた教材を使って成功体験を積み、自信を回復してほしいのです。

 向山先生は次のように述べています。

どの子も大切にされなければならない。

 一人の例外もなく、そのためにすぐれた指導、すぐれた教材が必要だ◆

 

|

« 学級経営・学習指導の基盤は「楽しいことをする」に尽きる | Main | 年度初めにやっておきたいことは定点観測(実態調査)である。 »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学級経営・学習指導の基盤は「楽しいことをする」に尽きる | Main | 年度初めにやっておきたいことは定点観測(実態調査)である。 »