« 「音読」の効用~学級経営の大きなツール~ | Main | 「訓戒」を肝に銘じようと思う »

August 18, 2022

学校の研究テーマはロジカルに作られているか?

「読解力向上をめざした工夫ある授業づくりを通して」がテーマの小学校で研究授業を参観したことがある。

(1)読解力の定義は吟味されていたか?

「PISA調査で読解力低下が指摘された」と指摘しながら、

「読解力とは文字通り文章を読んでその意味内容を理解する力である」

と定義されている。

 PISAを引き合いに出すなら、読解力は「書かれたテキストを理解し、利用し、熟考する能力」である。

 そうでなくでも指導要領だって、「よむこと」の欄に「自分の意見をもつ」「自分の表現に役立てる」がある。だから有元秀文氏は「読解表現力」という用語を提唱した。

 意味内容の理解だけを「読解力」などという定義では、時代遅れなのだ。

 

(2)各学年の研究仮説が吟味されていたか?

(低)音読に関心を持たせる活動を取り入れることにより、読解力が高まるだろう。

(中)音読を毎日行ったり、体験を書いたりするなどするなど、表現活動を多く取り入れた授業をすることにより、読解力が身に付くだろう。

(高)主題に迫る一文に着目する授業つくりをすることにより、読解力を高めることができるであろう。

 

・・・各学年の文末が「高まる」「身に付く」「高めることができる」とある。

文末は統一してほしい。

この文末の不揃いにこだわる言語感覚こそが「読解力」の基盤ではないか。

 それに、どの活動も、「読解力」に直結していないと思う。

「音読させれば読解力が高まる」「体験を書かせれば読解力が高まる」「主題に迫る一文に着目させれば読解力が高まる」という仮説だが、私なら「音読」「体験作文」「一文に着目」だけでは読解力が高まらないことを検証したいくらいだ。

 音読や体験作文を否定はしないけど、読解力向上の手立てにしては間接的過ぎる。

 なぜならPISA型の3段階で考えると、「テキスト理解」のレベルでしかないだからだ。

 テキストの「利用」「熟考」をさせていないのだから、これでは、学力テストでお手上げだった記述型・論述型の設問には対応した力をつけられないのである。

|

« 「音読」の効用~学級経営の大きなツール~ | Main | 「訓戒」を肝に銘じようと思う »

国語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「音読」の効用~学級経営の大きなツール~ | Main | 「訓戒」を肝に銘じようと思う »