« 支援してくれる人の存在が重要! | Main | 国語の学習とは、「テキストを正確に、くわしく読む」ことが中心なのである。 »

October 12, 2022

「ごんぎつね」の指導計画 

◆すらすら読めるようになって、始めー終わりー中だけの検討で十分ではないか。

というある先生の感想をいただいたのが、1995年の春。

この年3月の日本言語技術教育学会報告を送った後のことだ。

市毛先生の「ごんぎつね」の指導計画は次の流れになっている。

1、このお話をすらすらと読めるようにしよう。

2、登場人物をすべてあげてみよう。

3、あらすじを5つにまとめよう。

4、ごんは初めは兵十に何をしましたか。

5、ごんは終わりに兵十に何をしましたか。

6、ごんが変わったのはどの場面ですか。

7、変わった理由はなんですか。(後略)

 

指導目標の③に次のように書いてある。

◆いたずらばかりしていたごんが、ひたすらつぐないを続ける、という作品の構造に気づく。

初めはどうだったか。終わりはどうなったか。なぜ、そう変化したのか。「中」で何が起きたのか。の順で検討している。

 

・・・鶴田清司氏のレジメにあった「学習の手引き(案)」にも、次の箇所がある。

=========

四 小説や物語では、一般に中心人物の心(考え)が、はじめと終わりで大きく変化している。「蜜柑」では、「私」の心はどのように変化しただろうか。エピソード(事件)の前後を対比することによって考えよう。

五、「私」の心がそのように変化したのはなぜか。その理由を話し合ってみよう。(後略)

=========

・・・鶴田氏の提案も「始めー終わりー中」の検討であることが分かる。

正しい引用はできないが、筑波の国語も、「始めー終わりー中」の検討が出てくる。

この順番で検討すると、「対比」「クライマックス」「人物の変化」「主題」などが含まれる。

 

石原千秋の『大学受験のための小説講義』(ちくま新書)にも、同様の指摘がある。

<テキストは2度読め>

①「それからどうなるか」という問いに即してストーリー(時間的経過)を読む

②「なぜか」という問いに即してプロット(因果関係)を読む

 我々はふだん「このあとどうなるか」のストーリーだけにこだわって小説を読んだりドラマや映画を見たりする。

しかし、作品を読み味わうには、②の「どうしてなんだろう」という問いかけも必要であるということだ。

日常的な読書体験は、①で終わってしまうことが多いが、授業で扱うなら。初読で①、精読で②を行うという手順になるだろうか。

|

« 支援してくれる人の存在が重要! | Main | 国語の学習とは、「テキストを正確に、くわしく読む」ことが中心なのである。 »

ごんぎつね」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 支援してくれる人の存在が重要! | Main | 国語の学習とは、「テキストを正確に、くわしく読む」ことが中心なのである。 »