« 1人1台端末活用 〜そういうことだったのか(9)〜 | Main | 毎時間のプリントは成績に加味しない! »

November 20, 2022

1人1台端末活用 〜そういうことだったのか(10)〜

1時間の中に多様な学習者がいる

という「個別最適な授業」は、まるで「複式学級」のようなイメージだ。
しかし、授業は本来、個々の状況に応じるべきで、
ある子は先生に教えてもらい、
ある子は友達に教えてもらい、
ある子は友達に教えて学びを深め、
ある子は(ネット活用を含め)、一人学びをする。
・・・このような同時多発型の授業が「個別最適な学び」。
全員が黙々とAIドリルで学習することが「個別最適」ではない。
個別最適な授業は、GIGAだから始まったわけではなく、本当は従来でも行われているべきで、有能な先生は当たり前のように実践してきた。
スーパーテイーチャーしかできなかった個別最適が、GIGAになってやりやすくなったということでしかないのだ。
奈須先生は、一斉授業が成立しない幼稚園では、前から当然「個別最適」であり、そのために「所時物」が周到に用意されていたと言う。
というわけで、写真のようなモデルを作ってみた。
なんとなくでも分かってもらえたら幸いです。
315281332_204539255358209_64545550397875

|

« 1人1台端末活用 〜そういうことだったのか(9)〜 | Main | 毎時間のプリントは成績に加味しない! »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1人1台端末活用 〜そういうことだったのか(9)〜 | Main | 毎時間のプリントは成績に加味しない! »