« 張り合う必要はないが、助け合いは大事。 | Main | 国語の教養小説 〜アウフヘーベンしようぜ〜 »

November 06, 2022

道徳の思考過程 ~アウフヘーベンしようぜ~

子供は、授業する前から、そこそこ道徳的な発言をする。
たとえば、「不公平は良くないよ。差別はいけないよ」ぐらいのことは最初から分かっている。
だからこそ、
◆「では、今日からは給食は全員同じ量にします。減らすのも増やすのも禁止です。これが公平だね」と決めたらどうなるか。
◆「男女平等だからオリンピックを男女一緒にしよう」と決めたらどうなるか」
などと、子供の既成概念を打ち崩すような意見をぶつけて、深く考えさせる。
こういう否定があって、子供は初めて真剣に考える。
・・・結局、調べ足りなくて個人的な見解に過ぎないのだが、これが、ヘーゲルの弁証法だ。
Å:命題(テーゼ:正)・・・・・・・真理として提示される考え
B:反対命題(アンチテーゼ:反)・・矛盾や否定
C:統合命題(ジンテーゼ:合)・・・アンチテーゼによって示された矛盾と照らして修正されたもの。
正・反の対立を通して新しい考えに引き上げることをアウフヘーベン(止揚)と言う。
上記の場合、
「差別はいけないってみんな言うよね。でも男女差や体格差を無視したらそれもいけないよね。この矛盾を解決するにはどう考えたらいいか」について案を出し合うのだ。
「不公平や差別はダメ」といった概念に、付帯条件や例外規定を加えることになるだろうか。
これが「アウフヘーベンしようぜ!」ということだ。
◆確かに差別は良くないが、男女差や年齢差、体格差は存在する。それらの「差」によって不利益をこうむる人が出ないように、相互理解を深めることが大事だ。互いのハンディキャップを埋めるのは「差別」とは言わない。
・・・もちろん子供はこんなに整然と言わない。
また、この見解がベストでもない。
みんなで、(その学年相応でいいから)、意見を言い合って、よりよい考えを出す。
あるいは個々の最終的な見解をもつ。
「正解」はないから「納得解」を探る。
そんな授業が「議論する道徳」なのだと自分は勝手に解釈している。
※カントは「二律背反」という言葉を使う。これが同じなのかどうかは全然自信がありません。
そして「価値葛藤(モラルジレンマ)」のルーツがここにあるのかどうかも分かりませんでした。
モラルジレンマは、「安易に第三の方策を考えない」と聞いたことがあるので、真逆かもしれません。

|

« 張り合う必要はないが、助け合いは大事。 | Main | 国語の教養小説 〜アウフヘーベンしようぜ〜 »

道徳」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 張り合う必要はないが、助け合いは大事。 | Main | 国語の教養小説 〜アウフヘーベンしようぜ〜 »