« ワンウエイの授業は、子供がついてこない。 | Main | 教育は菊を作るような方法ではいけない。 »

December 07, 2022

教師がしゃべりすぎるから、子どもはしゃべらなくなる。

教師の話を聞く(説明を聞く)という場面は、

◆受け身になりやすい。

◆聞いているかどうかの確認がしづらい。

ということで、できるだけ、音声入力に頼らない授業の工夫が必要になる。

(1)子どもと子どものやりとりを設定する

多くの教室では、発言する子が教師に向けて話すので、まずはここを直す必要がある。

「みんなに向けて話す」が難しい場合は、発言する子を前に出させればよい。

T-C、T-Cの繰り返しでは単調になる。

Tに対してC1,C2,C3のように展開したり

Cに対してC1,C2,C3となるような展開になれば、それだけ子供の思考時間が多い授業になる。

 

(2)「見れば分かる・読めば分かる」は、説明しない

黒板に書いてあるんだから、見れば分かる。

教科書に書いてあるんだから、読めば分かる。

こういう内容を教師が話しても、子どもは聞いていないし、聞いてなくても困らない。

聞いてなくても困らないようなことを話すから、ますます子供は聞かなくなる。

「皆で読みましょう。説明できる人お願いします」で流せれば、教師の音声は相当減らすことができる。

 

(3)聞いていれば分かる

「聞いていないと困る」という場面がある。

しかし、実際には、聞いていない子がいると、教師がもう一度再説明してしまう。

これで、子供は全く困らなくなる。

「聞いてなくても、なんとかなった」という成功体験ばかりで、「聞いていなくて、とても困った」という失敗経験がないから、いつまでたっても話を聞かない子がいる。

 

(4)復唱するから、聞かなくなる

子どもの意見を教師が復唱するのは時間の無駄。

復唱したいなら、子供にやらせるべきだ。

解説も同じで、くどくど説明しても子供は聞いていない。

説明も、できるだけ子供にやらせるべきだ。

 

(5)詰めが甘いから、聞かなくなる

(3)(4)と重複するが、

「〇〇君、今△△さんがいったこと言ってみて」

「〇〇君、今読んだところもう一回読んでみて」

といった詰めがないと、授業に緊張感が生じない。

 

教師の親切が「大きなお節介」になってはいけない。

|

« ワンウエイの授業は、子供がついてこない。 | Main | 教育は菊を作るような方法ではいけない。 »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワンウエイの授業は、子供がついてこない。 | Main | 教育は菊を作るような方法ではいけない。 »