« 問いに正対した解答が大事! | Main | 「72時間の壁」 »

February 08, 2023

2023年の「世界十大リスク」

 2023年の「世界十大リスク」。
 ロシアや中国と同じ指標で9位が「Z世代」とある。

◆9位は「Z世代の台頭」です。1990年代半ば~2010年代初頭に生まれた若者は生まれた時にインターネットが既に存在していたデジタルネイティブ世代です。そうした世代が新たな政治勢力となり、影響力がさらに広がると予測しています。
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/40277

 Z世代は、日本国内の造語ではなかったんだという感想は置いておいて、
 20代から30代の世代の先生が、学校現場に大きな影響を与えるのは当然だ。

◆ミレニアル世代は、1980年から1995年の間に生まれた世代と定義されています。2020年に25歳から40歳を迎える世代です。この世代がこうして括られるのは、その成長がデジタルの台頭とともにあったためです。インターネット環境の整備が飛躍的に進んだ時代に育ち、情報リテラシーに優れ、インターネットでの情報検索やSNSを利用したコミュニケーションを使いこなします。そんな、ITに高い親和性を持った世代です。

◆Z世代とは、1996年から2015年の間に生まれた世代と定義されています。デジタルが当たり前の時代に生まれてきたことから「デジタルネイティブ」とも呼ばれます。2020年に5歳から24歳を迎え、世界全体では人口の4分の1を占める世代です。日本においては、令和のスタートと共に社会に飛び出し新しい時代を切り開く世代ともいえるでしょう。

https://www.salesforce.com/jp/blog/2019/12/how-millennials-and-gen-z-are-different.html


 当然のようにネットを使う世代は、条件次第で限定的に使おうとする世代とは感覚が違う。

◆所有にこだわらない
 Z世代は、前世代であるミレニアル世代に比べると経済的なゆとりが少なく、消費に対して慎重な姿勢を持っています。また、モノを所有する欲が少ないとも言われています。「必要なものは、必要なときに、自分が必要なぶんだけ利用できればいい」という合理的な考え方を持っており、定額制サービス、いわゆる「サブスク」を利用する人も少なくありません。
https://solution.lmi.ne.jp/column/c293

 所有にこだわらないこの世代は書籍を買わない(持たない)。
 文字文化よりも映像文化、動画文化。
 それは長所短所の問題ではない。そういう傾向になるのだから、彼らに合わせた接し方が必要になる。

 上記サイトには、次のような記載もある。


◆自分らしさを大切にする一方で、承認欲求が強く、他者からの評価に敏感なのもZ世代の特徴の一つです。Z世代はSNSを当たり前に使いこなしますが、SNSを使う理由として「自分らしさをアピールしたい」「自分の考えや行動を受け入れてもらいたい」といった理由を挙げる人は少なくありません。また、承認欲求が強いあまり、「評価を気にしすぎてしまう」「常に、人にどう思われているのか気になる」という人も多いようです。

 確かに、インスタグラムや動画で情報発信している若い先生が多い。
 TOSSランドのような承認がなくてもダイレクトに自分の実践を発信でき、承認欲求も満たされる。
「自ら発信」が当たり前の若い先生方には、「受け身の学び」だけでは物足りないかもしれない。

|

« 問いに正対した解答が大事! | Main | 「72時間の壁」 »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 問いに正対した解答が大事! | Main | 「72時間の壁」 »