« 2023年の「世界十大リスク」 | Main | 道徳教育より法規の教育の問題 »

February 10, 2023

「72時間の壁」

トルコの大地震で「72時間の壁」というワードが何度も出てくる。
72時間が救出のギリギリラインと言われているからだ。
この言葉を聞くと、以前の勤務校でお世話になったPTA会長を思い出す。
その方は自衛隊にお勤めで、子供向けに災害救助のお話をしていただいたことがある。
小宴の席で阪神大震災の災害救助の経験があるとお聞きし、感心した当時の教頭先生が出前授業の段取りをつけたのだ(東日本大地震の前の話です)。
その時の子供向けの話の中で次のように言われた。
==============
72時間以内には自衛隊が救助します。
だから3日分の支援物資は自分たちで用意しておいてください。
==============
・・・「そういうことか!」と納得した。
自衛隊が最善を尽くしても、時間がかかる。
一刻も早く救助してほしいと思っても、そう簡単にはいかない。
だから、3日分の物資は「自助努力」なのだ。
「3日以内には救助される」と信じれば、生きる気力が奪われることもない。
なるほど、こうやって趣意説明されると、用意しなきゃなという気になる(すみません、すぐ忘れてしまいますが)。
自分の身の危険を恐れず救助に向かう方々には感謝しかありません。

|

« 2023年の「世界十大リスク」 | Main | 道徳教育より法規の教育の問題 »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2023年の「世界十大リスク」 | Main | 道徳教育より法規の教育の問題 »