« 授業がうまくいかない原因の一つ | Main | 教採試験対策  »

August 04, 2023

教採対策 〜「生徒指導提要」の構造〜

ある集団面接の過去問を見ていたら同じ流れでした。
1.これからどうしたいか所信表明や事前指導をする。
例えば6年生の修学旅行で班を決める、5年生が卒業式参加する
2.実際にトラブルが起きてしまった時の全体指導をする
例えば班決めでもめる、卒業式練習でみんなのやる気がなくなる。
3.特にトラブルになった子への対応をする
例えば転校生が来た、リーダーが辞退した。
・・・これは「生徒指導提要」に合わせたわけではないでしょうが
1、プロアクティブな全体指導
2、リアクティブな全体指導、
3、困難児童(予兆が見られる児童)の緊急個別対応
です。
そう考えたらお題がどう変わろうと、この3つの対応を意識していれば焦ることはないわけです。
生徒指導提要には、これ以外にも参考にできる箇所がたくさんあります。
「提要」そのものの理解が難しい場合は、まとめてもらったものに目を通すのも一つの手です。
Tei

|

« 授業がうまくいかない原因の一つ | Main | 教採試験対策  »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業がうまくいかない原因の一つ | Main | 教採試験対策  »