« 教採対策 〜場面指導の設定にご注意ください〜 | Main | 向山学級の評論文に学ぶ »

August 05, 2023

能力は努力次第で伸ばせる 「MIND SET」

以前、TV『世界一受けたい授業』で、ドウエックの『マインドセット』を紹介していました。

ドウエックは、次のように主張しました。

能力は努力次第で伸ばせるから、難しい課題でも挑戦し、失敗を恐れないことが大事だ

これは、「才能は生まれつき・努力したってどうせ変わらない」と真逆の考え方です。

 

ベテランの先生は、学級経営の基盤に

「やればできる・失敗を恐れず挑戦する・努力する・あきらめない」

等を置きます。

また、「やればできる」の対極にある「できるのにやらない子」に対する指導もしっかりしています。

◆ 「何とかならない子」は、努力を持続する意思が、極端に弱い子です。例えば、前もって予告した10問の漢字テストをするとします。(中略)予告してあっても悪い点を取る場合が多いのです。「やればできる」のだが「続けることができない」わけです。

◆「知能検査がよい」ということはたいした才能ではないですが、それとは別の「やることをやれる」「続けてやれる」ということは必要な才能であると考えています。そして、この才能は先天的なものではなく、生活の中で獲得されるものであり、それを獲得させる過程こそ、教育(学校・家庭)の大切な内容であると思っています。

「向山式『勉強のコツ」がよくわかる本」PHPより

あるクラスでは「がんばっている子に刺激を受けて自分もがんばらなきゃ」と切磋琢磨する学級の雰囲気を感じる。担任の先生ががんばっている子に温かく声をかけているからだ。

「ほめる」ができない子も「励ます」は可能である。

頑として動かない子もいるが、彼らのかすかな変化を察知して、励まして続ける教師であってほしい。

Mindset

|

« 教採対策 〜場面指導の設定にご注意ください〜 | Main | 向山学級の評論文に学ぶ »

努力」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教採対策 〜場面指導の設定にご注意ください〜 | Main | 向山学級の評論文に学ぶ »