« リフレクションの氷山モデル | Main | 「伝記」についての考察(2) »

November 27, 2023

「伝記」についての考察 (1)

 5年国語(光村)『やなせたかし・・アンパンマンの勇気』の学習の手引きに次のように書いてある。
(1)伝記の表現
伝記には、次のような表現を用いた部分がある。
・人物の行動や会話、心情が、物語のように書かれている部分。
・事実の説明や、その人物に対する筆者の考えが書かれている部分
 物語のようであり、説明文のようでもある「伝記」の特徴が書いてある。
 マニアックに教えたいなら、次の点に触れたい。
 伝記は基本的に三人称限定視点。
 「震災が起こったとき、たかしは九十二さいで、そろそろ仕事をやめて、ゆっくりくらそうと思っていた」のように三人称で語られるが、「たかし」の気持ちにだけ入りこむ。
 この一文の「たかし」は一人称の「私」に置き換えても通用する。
 ただし、全部がそうというわけではない。
 この作品のラスト2文は
 アンパンマンと共に人々をはげまし続けたたかしは、震災から2年半がたった2013年10月13日、94さいでなくなった。その直前まで、絵や物語をかいていたという。
 本人が亡くなる場面なので、「私は・・亡くなった」という表記はそぐわない。
 また、最後だけは「その直前まで、絵や物語をかいていたという」と伝聞表現になっている。
 伝記は本人の聞き取りやさまざまな事実からの推定になるので、文末はほとんど「~だそうだ」「~という」「~らしい」になってしまう。 それでは煩雑で読みにくいので、通常は伝聞・推定の表現は略されている。
 この場合は、ラストのみ筆者が前面に出てきて、伝聞の文体になっている。
 筆者の「わたし」は直接出てこないのだが、出たり入ったりを感じさせるところが面白い。

 

|

« リフレクションの氷山モデル | Main | 「伝記」についての考察(2) »

国語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« リフレクションの氷山モデル | Main | 「伝記」についての考察(2) »