« 「探究力」をはぐくむ向山学級の秘密を探る(その9 ) | Main | 「遊び心」が「創造性教育」の基盤になる (1) »

January 07, 2024

「探究力」をはぐくむ向山学級の秘密を探る(その10)


~「オープンマインド」~
 「オープンマインド」とは、固定観念にしばられずに相手を認め、自分についても正直に表現できる「開かれた心や姿勢」のこと。
  自分の考えに固執せず、相手に対し聞く耳をもっていれば、「自分には絶対無理」と決め付けず、不安があっても試してみようかと、新しい事に挑戦できる。
  反対に、クローズドマインドの人は、
①人にレッテルを貼ってしまう ②物事を主観的に見てしまう ③ステレオタイプなモノの見方をする といった傾向がある。
 「これは、絶対こうだ」「私はこれしか信じない」と決めてかかり、自分の意見に固執し、違う意見の人の話に耳を向けることができない。
・・・オープンマインドとは、スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授によって提唱された「計画された偶発性理論」というキャリア理論のなかで述べられたもの。
 「偶キャリ」は、それほど古くはないので、向山先生が参考にしたわけではないと思う。
 しかし、自由な発想を促す向山実践の背景には「オープンマインド」と同じ着想がある。
 さて、近年話題になった「MIND SET」も、100の努力を推奨した向山学級を彷彿させる。
 1979年のスナイパーNo.9では「水泳でも、作文でも、練習中、ちっとも伸びないように見えて、持続さえすれば、突然できるようになるのだ。」とある。
 
 その激励の根底にあるのが、「自分は努力次第で変われるのだ」という拡張的知能観(しなやかマインドセット)である。
85d849419c5f4fb7be52aa3faabfaf7a
8d9a4d359fd44dfc8573c43ecd923c41
=============

しなやかマインドセット

「才能は磨くほど伸びる」と思う人

◯新しいことにチャレンジしたい

◯努力は何かを得るために欠かせない

◯批判から真摯に学ぶ他人の成功から学ぶ

→結果的により高いレベルで成長し自分の意思で未来を切り開いていける

 マインドセット次第で仕事が変わり、自分が変わり、人生の質が変わる!

==============

・・・「拡張的知能観」があるから、諦めずに頑張れる。

教師は、この拡張的知能観に基づいて、いつもいつも子供を支える存在でありたい。

「探究力・発想力」を育むのは、「それでいいんだよ」「その調子だよ」「もっと考えてみよう」と学習者のリミッターを外す激励の言葉なのだと思う。

 

|

« 「探究力」をはぐくむ向山学級の秘密を探る(その9 ) | Main | 「遊び心」が「創造性教育」の基盤になる (1) »

教育」カテゴリの記事

努力」カテゴリの記事

創造性」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「探究力」をはぐくむ向山学級の秘密を探る(その9 ) | Main | 「遊び心」が「創造性教育」の基盤になる (1) »