« 「ネガテイブ報告」でなくても危険水域の学級がある | Main | 「舟を編む」は、テレビドラマも面白い(ネタバレ注意) »

February 24, 2024

相手の立場で考える教師でありたい!

2月23日の【連続テレビ小説】ブギウギ 「あなたが笑えば、私も笑う」

◆晶子という家政婦が主人公スズ子の家で働くことになる。スズ子はいつも通り娘を仕事に連れて行こうとするが、晶子の強い勧めで、初めて家に残して仕事に行くことにする。

さて、娘が心配で仕事を早退して帰ってくると、娘は晶子と仲良く過ごしていた。

破れた障子が貼り替えられているの見て唖然としているスズ子に、晶子が「ずっと一人で頑張ってきたんですね。」「これからは私に頼ってください」とねぎらう場面が出てくる。

これまで1人で娘を育ててきたスズ子が、ふっと肩の荷を下ろし涙する瞬間だ(というのが私の理解)。

https://www.nhk.jp/p/boogie/ts/NLPYVZYM29/episode/te/5K7QW62Y2N/

 

こんなシーンで感心していたら家事育児をずっと続けてきた妻に怒られそうだが、母子家庭って、確かに大変だろうなと改めて思った(無論父子家庭も同じだ)。

テレビのように家政婦をお願いできるケースはほとんどないから、母親は働きながら子供の世話を全部みる。 

今や、どのクラスにも、そういう母子家庭世帯がいるのだとしたら、

「いつも大変ですね」

「私にできることがあったら」

と思いを寄せることが大事だ。

そもそも、母子家庭でなくても、働くお母さんは大変だ。

相手の苦労を思い、相手の気持ちに寄り添えるかどうかが、信頼される教師になるかどうかの分かれ道になる

(無論それは「教師として」と言うよりは「人として」の問題である)。

 

教師2年目のとき、保護者会の時間に都合がつかない父子家庭があって、要望に沿って夜7時頃、喫茶店で1時間ほど話をしたことがある。

自慢でもなんでもない。

父親からの要望があったから受けただけで、自分自身の配慮(想像力)があったわけではない。

今日のテレビを見て感じた「思い」があったら、その後、何人も出会った母子家庭のお母さんに対して、もっと配慮できたと思う。

もっと「大変ですよね」「私にできることがあったらお手伝いします」という気持ちを伝えられたらと思う。

今さら遅いのだけれど、今日の私の気持ちは若い先生に伝えていきたい。

 

母子家庭のお母さんだったら、いくら仕事の都合でも、夜、喫茶店で会うことはしませんね。

 

|

« 「ネガテイブ報告」でなくても危険水域の学級がある | Main | 「舟を編む」は、テレビドラマも面白い(ネタバレ注意) »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「ネガテイブ報告」でなくても危険水域の学級がある | Main | 「舟を編む」は、テレビドラマも面白い(ネタバレ注意) »