« 繰り上がりの1 | Main | 多くの子に活躍の場を与える手順 »

March 26, 2024

条件の説明は正確に

5年算数の三角形の合同条件。
板書に合同な三角形を描くための3つ示されたが、間違っていました。
①3つの辺の長さ
②1つの角の大きさと2つの辺の長さ
③2つの角の大きさと1つの辺の長さ
12
②は、2つの辺とその間の角でないといけない。
③は、1つの辺とその両サイドの角でないといけない。
無条件ではない。計算ドリルにも、この条件を問う問題がある。
教師が、ここを厳密に提示しないと子供が間違って覚えてしまう。

授業では少し説明させてもらった。
併せて該当する箇所を黄色で示してみた。

13_20240326153601
これ以上、補足すると担任に失礼だから遠慮したが・・。
板書するなら
①の場合、コンパスで長さをとった辺B、辺Cの交点がAだから、コンパスの引いた線を残しておくと良いし、
③の場合、角度しか決まっていない。辺B、辺Cを延ばした交点がAだから、延長線を残しておくと良い。

|

« 繰り上がりの1 | Main | 多くの子に活躍の場を与える手順 »

算数」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 繰り上がりの1 | Main | 多くの子に活躍の場を与える手順 »