« (60+20)×5=400 | Main | 切り取って貼るだけではもったいない »

March 26, 2024

「1時間かける」という呪縛

3年算数「小数」の1時間。
分数と小数の大きさを比べる学習がある。
例題は「0.2と4/10の大きさを比べましょう」
前時までに1/10=0.1は学習している(その前提で小数の授業がスタートしている)。
ということは、
数直線を使っても分かるように
1/10 = 0.1
2/10 = 0.2
3/10 = 0.3
4/10 = 0.4
・・
10/10 = 1
と分数と小数が等しいことを理解すれば、「分数でそろえる」「小数でそろえる」の二つの方法で解ける。
授業を見ていると、子どもたちがもうすでに分かっているのに
「0.2は0.1がいくつ分?」
「4/10は1/10がいくつ分?」
と何度も何度も繰り返していた。
挙手指名で意見を言わせるチャンスだと思ったのかな?
授業時間が余るから、わざとゆっくりやっているのかな?
たしかに、それだけゆっくりやっても「もっと練習」までできたから、余裕はあった。
でも、テンポよくやれば、「もっと練習」以上に、習熟問題を出せた。
今日の授業は、丁寧に説明するより、練習問題を増やす方が効果は高かったと思う。
「もっと練習」には、1を超える「1.2」という数値もあって、大きさ比べで子どもたちの多くは引っかかっていた。
ならば、余った時間で、1を超える小数・分数に触れておいてもよかったのだ。
次の時間が、小数の足し算・引き算だから、次に進むのも遠慮したのだろうが、3分あれば、次時の例題に踏み込めた。
「時間が余っても、配当時間はきちんと守ろう」
「時間が余るから、今日の授業はゆっくり丁寧にやろう」
という意識は捨ててもいいのにな。
なお、あと2つ呪縛を感じた点がある。
①まとめを板書
・・・先生が今日の授業のまとめを板書し、子どもが書き写すパターン。
子どもが本時の授業の学びを自分の言葉で表現できることが大事なのに。
②先生が採点
・・・なぜか、練習問題の答えを先生がつけている。
教卓に行列ができるか、先生が〇つけをして回るかどちらかの方法だが、どちらにしてもロスは多い。
今日の授業は自分も〇つけして回った。私がいなかったら採点が授業内に終わらなかったけどどうするつもりだったんだろうと思ってしまった。
一生懸命やっている先生なので、よいところを認めながら、励ましていきたい。
ダメ出しがしたいわけではない。
「先生すごく熱心だけど、もっと楽できますよ」
ということを伝えたいのだ。
ただ、作戦を練らないとダメ出しになるので、そこは配慮が必要ということになる。

|

« (60+20)×5=400 | Main | 切り取って貼るだけではもったいない »

算数」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« (60+20)×5=400 | Main | 切り取って貼るだけではもったいない »