« 2年でも4年でも、立体の教具が活躍! | Main | アルゴリズムをみんなで唱える! »

March 26, 2024

教科書を隠す算数の授業が多い!

4年小数の導入場面で、0.2×4の計算の仕方を考えさせていた。
2×4=8で、0.2×4はその10分の1だから、答えは 8÷10=0.8
のような解き方の子が多かった。
しかし、まだ8÷10=0.8は習っていないのだ。
◆2×4=8ならば、0.2×4は0.8
と言える理由を説明しなくてはいけない課題なのに、
◆2×4=8だから、0.2×4は0.8
という説明で満足している班が多かった。
0.2×4=0.8くらいの問題だと、答えはもう分かってしまう。
だから、説明はかえって難しいのだ。
既習事項を使うなら、
◆0.1を単位量として、
0.1が、2×4=8で、8個あるから、0.1の8個分は0.8
と考えるしかない。
単位量で考えないと未習事項の説明が難しい。
ならば、潔く教科書を見て、どう説明するかを考えさせた方が手っ取り早い。
なのに、答えが書いてあるから教科書は閉じる、という学級が多い。
個別最適な学びに関連して、
①先生に教えてもらう
②友達と相談する
③自分で教科書を見て考える
④自分で別の資料を活用して考える
といった選択肢があっていいはずなのに、
一律で「教科書を見てはいけない」と指定するのは望ましい方法ではない。
どうしても自分で考えたい子もいるだろうが、教科書を見たい子は見ればいい。
「教科書を見てよりよい説明を考えよう。教科書を使うかどうかは自分で決める」
「教科書の解説はゴールでなく入り口、自分たちでもっといい解説を考えよう!」
で良いのだと思う。
探究型の授業において、教科書は、重要な情報の収集源なのだ。

|

« 2年でも4年でも、立体の教具が活躍! | Main | アルゴリズムをみんなで唱える! »

算数」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2年でも4年でも、立体の教具が活躍! | Main | アルゴリズムをみんなで唱える! »