« 四則計算の復習問題 | Main | 4月第1週の教師の動き(名古屋市を除く愛知県) »

March 27, 2024

「新学期の出会い」までの準備を抜かりなく!

(1) 担任する児童を確認する(名前の読み方も) クラス編成カードや差し替える健康カードや指導要録などで、およその状況をチェックする。

大まかに、家庭の様子(兄弟、片親など)、子どもの様子(学力、友達関係、障害など) を把握し、申し送りで配慮しなければならないことを確認する。

前担任がいる場合は、話を聞く。

学校によっては年度当初に情報交換会が設定される。

 

(2) 教室と子供の動線をイメージする

机・いすの確認(数、傷、汚れ、名札など)、掲示板のスペースの確認

靴箱、ロッカー、傘立て等の確認

 

(3)始業式の日から数日間の流れをイメージする(学年通信に丁寧に記載があるかも)

・教科書配付、さまざまな配付文書(回収文書)

・学級委員決め・日直・係・給食や掃除の仕事内容とメンバーの決定

・学級のルール決め

 

(4) 初日に話す内容(自己紹介プラス所信表明)を確定する

どんなクラスにしたいか、どうなってほしいかを学年に応じて端的に (モノを用意したり、黒板に書いておいたりすると印象に残る)。

学年便りに自己紹介欄があるかも。

 

(5) 学校に来てから帰るまでの子供の動きをイメージして、混乱がないように手を打つ

・子どものその日の動きや持ち物、配付物・回収物などについて事前に確認する。

・翌日の持ち物を、朝、黒板に書いておいて連絡帳に書き写す学級が多い。

・持ち物・授業計画は余裕をもって準備する(計画表を有効活用する)。

・置き場所、置き方、その他のルール(動線)をあらかじめ決めておく。

 

第2週からは、学級の組織を整えながら、教科の授業が始まります。

注文したワークやノー トが届いていなくても各教科の授業が始まります。

各教科の学習ルールなどを職員会の起案文書を見て確定してください。

時間割も自分で確定します。4月末に授業参観(学級懇談会)がある場合は、そこを何とか 乗り切るとGWです。

「やってみて何か問題があったらGW明けに修正する」と子どもに伝えておけば、迷うことなく進められると思います。

0bfa6ce9e72f4ff5ab3e7c11cfecf895

|

« 四則計算の復習問題 | Main | 4月第1週の教師の動き(名古屋市を除く愛知県) »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 四則計算の復習問題 | Main | 4月第1週の教師の動き(名古屋市を除く愛知県) »