« 「算数の教科書を見せない」という呪縛 | Main | テスト中の教師の仕事 »

March 26, 2024

算数の答え合わせは個々に任せればいいのか?

 最近、算数の授業で
「問題を解いたら先生が〇付けする」
「答えを見て自分で〇付けする」
「終わった子からタブレットなど別の課題にどんどん進む」
という授業をよく見る。
 みんなの前で答え合わせするのは、早くできた子には無駄な時間なのでしょうか。
「教える・説明する」は、自分の理解を定着させるために大事な過程ではないでしょうか。
 下位の子は、みんなと一緒に答え合わせすることで納得したり印象付けられたりするのではないでしょうか。
 「自由進度」とか、「個別最適」という言葉が独り歩きするのは心配だ。
 みんなの前で、音読する、テストする、答え合わせする・・・協働学習の中の緊張感が捨てがたい。

|

« 「算数の教科書を見せない」という呪縛 | Main | テスト中の教師の仕事 »

算数」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「算数の教科書を見せない」という呪縛 | Main | テスト中の教師の仕事 »