« 「時刻と時間」の板書 2問を揃えてかく。 | Main | 教科のまとめとしての「新聞づくり」 »

March 26, 2024

実際に自分で解いてみる!

復刻版の「成功する向山型算数の授業」(2001年)
書籍には木村重夫氏ののメッセージが同封されていた。
◆向山型算数を学び、実践されようとする先生の中で、向山洋一先生の介入・代案授業をライブ体験されていない先生が増えました。
 手本がなければ授業のイメージが持てません。本書には向山先生の介入・代案授業がたくさん載っています。きっと先生方の参考になると確信しております。
読んだだけでは物足りないので、ノートを用意して、問題を解いたり、予想したりしながら取り組んでみた。
「読む」と「解いてみる」では充実度が格段に違った。
セミナー会場にいるような気分、向山先生に叱られているような気分も味わえた。
とりわけ真剣に取り組んだのが「助走問題」で、自分なりの「助走問題」を想定した後に木村先生のものと比べてみると、とても学びが多かった。
本書P153までをノートに書きながら取り組んだ。
子供にそっくりそのままお手本になるようなノート作りにも、本腰を入れて精進しよう。
6_20240326142201
7_20240326142201

|

« 「時刻と時間」の板書 2問を揃えてかく。 | Main | 教科のまとめとしての「新聞づくり」 »

算数」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「時刻と時間」の板書 2問を揃えてかく。 | Main | 教科のまとめとしての「新聞づくり」 »