« 教科のまとめとしての「新聞づくり」 | Main | 算数の振り返り作文で「粘り強さ」「自己調整」を見取る »

March 26, 2024

算数の情報処理能力

学力調査問題の国語の場合は、文章や図表が多いので、全部ていねいに確かめている子は時間切れになる。

算数の場合も、意地悪なくらい余分な文章や数字が多いので、情報を精選できない子は時間切れになる。

要するに「情報処理能力」とは、情報過多の資料の中から、必要な情報だけを選別できる能力だ。
1枚目の資料はR3の学力調査問題。
三角形の面積を求めるのに、3つの数値が示されている。誤答の中には、3×4×5が多かったというのだから驚きだ。
9
2枚目の資料の左側は、三角形の面積を求めるのに2つの数値しか示していない。
だから、このタイプの問題に慣れてしまうと、そこにある数値を2つ掛けて2で割れば良いのだと勘違いしてしまう。
一方、2枚目資料の右側は3つの数値を示している。このタイプの問題の場合、必要な数値を選ばせるので、真の実力を育むことができる(できれば、3辺プラス高さの4つの数値を示した問題も取り組ませたい)。
10_20240326143801
余分な数値が混ざっている中で、必要な数値を選ぶスキルを身につけるには、
◆必要な数値を囲む。あるいは、不要な数値をバツで消す◆
◆立式に必要な辺や高さを赤でなぞる(指で確認する)◆
といった習慣を身につけることが望ましい。
情報過多の問題への取り組みは、心ある教師なら当然行っている。
しかし、余裕のない教師は、わざわざ難しい自作問題を作らない。
そこまで取り組むかどうか、子供にとって、この差は大きい。

|

« 教科のまとめとしての「新聞づくり」 | Main | 算数の振り返り作文で「粘り強さ」「自己調整」を見取る »

算数」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教科のまとめとしての「新聞づくり」 | Main | 算数の振り返り作文で「粘り強さ」「自己調整」を見取る »