« アンカリング効果とは | Main | 国語の授業は何を教えるべきか? »

April 07, 2024

手紙の威力

 メジャー初勝利を挙げたドジャースの山本由伸投手。
 同僚のロハス内野手から手紙とワインを贈られたそうだ。
==========
「由伸へ。ようこそファミリーに。私はあなたとチームメートになれて、後ろでプレーできることに、とても興奮している。私がついているよ」
==========
 なんと嬉しいメッセージだろう。
 期待がかかる中、1勝できた山本のは至高のメッセージだ。
 記事には、次のような経緯も書かれている。
==========
 ロハスはベネズエラ出身で、昨季からドジャースに9年ぶりに戻った内野手。(中略)
 同じく海外から来た外国人選手として、ルーキーの山本を気遣っていた。
==========
 ちなみにロハスは2月にも、大谷と山本の2人に歓迎のワインを贈っている。
そのあたりは、こっちの記事に詳しく書かれている。
 ==============
「違う国や文化から来ることがどれだけ大変か知っているからこそやったんだ。
彼らが周囲やチームメイトに馴染めるかどうかが重要。クラブハウスで居心地がいいと感じれば、パフォーマンスも上がる。
彼らがすでにアットホームだと感じてくれることを願っている」。
やりやすい環境をという気遣いがにじんだ。
==============
 まさに「気遣い」。
 違う国や文化から来ることがどれだけ大変か知っているからこそ
「自分が味わった辛い思いは、他の人には味わせたくない」
「自分がされて嬉しいと思うことを相手にしてあげたい」
という思いやりの気持ちで応対している。
 すばらしい。
 自分も、仰々しい手紙でなくてもいいから、ちょっとしたメッセージを伝えていこうと思った。
 無論、それはお義理の手紙では意味がない。
 自分の見栄や都合や感謝の強要でメッセージを送るのでははなく、相手のことをどれだけ本気で思えるか「人としての無償の振る舞い」が問われている。
94423429f3a1448f9f97fb0b029c6a74

|

« アンカリング効果とは | Main | 国語の授業は何を教えるべきか? »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アンカリング効果とは | Main | 国語の授業は何を教えるべきか? »