« 「話す」を充実させるために | Main | 子供を見取る2つの観点 »

May 08, 2024

GW 明けは「五月病対策」が最優先

つい先走ってしまう悪い癖。

教務主任以降、先を見越して行動する癖がついた。
自分にとってはいいことなのだが、他人には迷惑なこともある。
4月の年度当初、学級開きしたばかりの段階で、4月後半の授業参観までにクラスづくりと授業ルールをひと段落させるように伝えた。
しかし、それは、とても無謀な要求だ。
明日のこと、この1週間のことで精一杯の初任には、酷なアドバイスだった。
そして、このGW明け。
GW明けでリフレッシュし、リスタートをして欲しかった。
自分にとっての関心事は「魔の6月」対策だったからだ。
でも・・・・
今は「五月病」の防止が最優先。
今朝もテレビで「五月病対策」について報じていた。メーテレの「どですか」。
◆ 新しいことを始めすぎない
◆自分のペースを大事にする
◆スマホを使いすぎない
◆軽い運動などでリフレッシュ
ラッキーアイテムは「使い慣れた込もの」と言っていたような・・。
そうだよね。
「今日」を無事に乗り切らなければ、「明日」はない。まして1か月後はない。
「魔の6月対策」を考える前に、まず「五月病対策」が大事なのだ。
先を見通せる余裕があったら苦労しない。
先を見通した方がいいに決まっているが、それどころじゃない若い先生方の不安と焦りをしっかり受け止めて対応していきたい。
ちなみに、テレビは「次の祝日は7月15日の『海の日』です」と残念なアナウンスをしていた。
Img_4777

|

« 「話す」を充実させるために | Main | 子供を見取る2つの観点 »

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「話す」を充実させるために | Main | 子供を見取る2つの観点 »