« 書くことに慣れる | Main | 個が埋没しない授業・孤立しない授業 »

May 15, 2024

GW明けから、「魔の6月」対策へ

9c69858aa5544906814ecfb0888bb85a
スライドは肯定的な内容の提示。
例えば、逆の教室だったらどうなるか。
①笑いのない氷のような教室
②互いに足を引っ張り合う意地悪な教室
③失敗を非難したり嘲笑したりするいたたまれない教室
④全員の活躍の場がない不平等な教室
(優等生だけが活躍するエコひいきな教室)
⑤努力が報われない・努力が評価されない惨めな教室
⑥毎日かわりばえのしない退屈な教室
・・・「こんな教室は嫌だな」とは思う。
だが、マイナスなワードばかり印象に残るのは望ましくない。
 ならば、ここで触れた
「氷のような」「いたたまれない」「不平等な」「惨めな」
のような修飾語をポジテイブなワードに書き換えようか。
 例えば、次の太字のような修飾語を考えさせるのだ。
================
①笑いのたえない、(明るい)教室
②互いに認め合い助け合う(協力的な)教室
③失敗を受け入れる(やさしい)教室
④ 活躍の場がある(チャンスをくれる)教室
(やる気のみなぎる)教室
⑤ 努力が報われる(自己肯定感の上がる)教室
 (充実した)教室
⑥初耳・初体験が多い(毎日が新鮮な)教室
===================
・・・自分ごととして考えさせるなら、
ただ読ませるだけでなく
カッコの中を入れるとよかったと反省しています。
 
本当にそれをやりたかったら、他を削ってでもやるべきだったのです。
こういう場面で各自の言葉で考え意見交換することが「協働的な学び」なのだから。

|

« 書くことに慣れる | Main | 個が埋没しない授業・孤立しない授業 »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 書くことに慣れる | Main | 個が埋没しない授業・孤立しない授業 »