« 働き方改革:文科省の指針 | Main | 道徳授業の基本スタンス(覚書) »

June 11, 2024

中学年の社会科の授業

全国版の検定教科書

検定の地図帳

市・県の副読本

市の白地図帳

多くの場合、全国版ではなく地域がんの副読本を扱うである。

しかし、それは「読み取り」であって、探究にはならない。

よく見る授業は

①白地図や作業帳・ワークプリントを埋めて終わる

②線背うがまとめた板書を写す。

 

課題に合わせて「資料=教科書や副読本や地図帳」」から自分で調べてまとめるような探求型の授業展開をめざしてほしい。

併せて

授業が終わったら、家で調べてみたくなるようなオープンエンドの授業であってほしい。

それは、授業の中で、「知的好奇心」を喚起する授業という意味でもある。

 

|

« 働き方改革:文科省の指針 | Main | 道徳授業の基本スタンス(覚書) »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 働き方改革:文科省の指針 | Main | 道徳授業の基本スタンス(覚書) »