« 「一つの花」お父さんの気持ちを多様に考えてみる (その2) | Main | 色のイメージと語彙力 »

June 10, 2024

授業参観の保護者の視点

①わが子の活躍(迷惑をかけていないかも)

②全体の進行(担任のアクセルとブレーキ)

③学級の雰囲気

④先生の人柄

 

教室の後ろで参観していれば

・取り掛かりが遅い子

・持ち物に不備がある子

・じっとしていられない子

・多動な子・私語が止まらない子

・教科の理解が怪しい子

が分かる。担任は気づいているか、気にかけているか、フォローしているか「お手並み拝見」している。

 

・先生はちゃんと見てくれている(気づいてる)

・配慮してくれている

・いけないことはちゃんと注意している

・やる気にさせている

・楽しく進めている

・友達同士を仲良くさせている

・礼儀正しさ・規律正しさ・ていねいさを指導している

・子供が先生を慕っている。

 

・・・参観日だけ作為的に「これなら安心」と思わせるのではない。

日常的な配慮があるからこそ、参観日当日に保護者に納得してもらえるのだ。

|

« 「一つの花」お父さんの気持ちを多様に考えてみる (その2) | Main | 色のイメージと語彙力 »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「一つの花」お父さんの気持ちを多様に考えてみる (その2) | Main | 色のイメージと語彙力 »