« 中学年の社会科の授業 | Main | 「客観的要約」と「主観的コメント」が読解の両輪 »

June 11, 2024

道徳授業の基本スタンス(覚書)

【よりよい自分】

・自分自身を磨き

・他者とうまく関わり

・社会の中で活躍し

・自然と命を大切にする

 

正解を考えるのではなく、最適解・納得解。

たった一つの方法に集約するのではなく、多様な考え方を尊重するスタンス。

「〇〇すべきだ」を扱う題材と、「〇〇した方がいい」を扱う題材とを区別しないと、

謝るべき場面・正直に言う場面・きちんと注意する場面で、「してもしなくてもどっちでもいいんじゃない」という曖昧な終末になりかねない。それは道徳として望ましくない。

道徳の授業は週に1時間。

自分の意見をもち、他人の意見を聞き、話し合い、考えを深めるよい機会。

言い換える地

自分の価値観をもち、他人の価値観を聞き、話し合い、価値観を深めるよい機会。

今年度の光村に掲載された聴き合いの「あいうえお」を大事にしたい。

 

|

« 中学年の社会科の授業 | Main | 「客観的要約」と「主観的コメント」が読解の両輪 »

道徳」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 中学年の社会科の授業 | Main | 「客観的要約」と「主観的コメント」が読解の両輪 »