« 「友だち屋」を「まいごのかぎ」の練習に使う | Main | 「まいごのかぎ」は、後ろから読み解く »

June 18, 2024

これも「パワハラ」?

 (1)熱心な無理解者

発達障害などについて、「無理解・誤解・理解不足」な状態にもかかわらず、熱心に積極的な指導を繰り返し、かえって当事者の状態を悪化させてしまう人を「熱心な無理解者」と呼ぶ。(中略)

熱心な無理解者は、熱心であるがゆえに自らのかかわり方を振り返るのが難しい。自分の信念を変えることができず、個人の思いがひとり歩きしてしまう前に、客観的な立場からのコンサルーションが必要になる。

月刊「実践みんなの特別支援教育」2024年6月号 P27.28

 

(2)パターナリズム

強い立場にある者が弱い立場にある者の利益のためだとして介入支援することを「パターナリズム」と言います。

パターナリズムとは、個人の自律性や自己決定を軽視し、より知識や権力があると見なされる者によって、その者の利益のためとされる行為を強制または誘導することです。

パターナリズムは、善意から行われる場合もありますが、個人の権利と自由を侵害する可能性もあります。

 

(3)「あなたのためだから」

「あなたのためだから」は、当事者間で起きているハラスメントをハラスメントでないかのように見せ、第三者にハラスメントであると思わせないようにする効果もあるようです

https://note.com/nin_semi/n/n9aa30ce91be6

 

|

« 「友だち屋」を「まいごのかぎ」の練習に使う | Main | 「まいごのかぎ」は、後ろから読み解く »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「友だち屋」を「まいごのかぎ」の練習に使う | Main | 「まいごのかぎ」は、後ろから読み解く »