« シチュエーショナル・リーダーシップ理論(SL理論) | Main | 「一つの花」を授業するための教養(スキーマ)としての読書 »

July 10, 2024

「手放すタイミング」

「認知的徒弟制度」は、1980年代に、アメリカの認知学者であるジョン・S・ブラウンやアラン・コリンズらが提唱した。伝統的な徒弟制に見られる見習いの修行過程を4つのステップとして理論化した。

モデリング(modeling)【見せる】

コーチング(coaching)【させて、見て、気付かせる】

スキャフォールディング(scaffolding)【自立の支援】

フェーディング(fading)【任せて、手を引いていく】

 

さて、ビジネスの世界では、SL(状況対応型リーダーシップ)理論があることを、昨日書いた。。

1977年にポール・ハーシーとケネス・ブランチャートが提唱した。

部下の成熟の状況によってリーダーは4つのタイプを使い分けよと言う。

教示型リーダーTelling Leaders) 具体的に指示し、教えてやらせる

説得型リーダーSelling  Leaders) 指示もするが、支援もする。

参加型リーダーParticipating Leaders) 方向を示し、自分で決めさせる

委任型リーダーDelegating Leaders)・・方策も任せ、責任も委ねる

2番目の「Selling」の意味が分からなかった)。

https://www.dodadsj.com/content/20230224_sl-theory/

SL理論とは?リーダーシップ4つの型の特徴・メリットまとめ | THANKS GIFT エンゲージメントクラウド (thanks-gift.net)

 

多くの人が、山本五十六の語録と重ねるだろう。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

 

難しいのは「手放すタイミング・任せるタイミング」である。

|

« シチュエーショナル・リーダーシップ理論(SL理論) | Main | 「一つの花」を授業するための教養(スキーマ)としての読書 »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シチュエーショナル・リーダーシップ理論(SL理論) | Main | 「一つの花」を授業するための教養(スキーマ)としての読書 »