June 22, 2022

先生がいなくても・・それが自動化

ある日の2時限目、チャイムと同時に担任と教室に戻ったら「起立」が始まっていた。
毎時間のあいさつが必要かどうかは別にして、担任がまだ教室に戻っていないのに「起立」が始まるシステマチックな状況に感心した
(ごめんなさい、自分が職員室で話しこんだせいで、教室に戻る時間が少し遅れてしまったのです)。
2時間目の算数の授業では、
問題①の解き方を丁寧に板書し、
問題②については、自分で①と同じように書いて解いてごらんと指示していた。
このように「習ったことを生かして自分で進める」という場面を意図的に設定できるかどうかの差が大きい。
先日参観したクラスでは「先生が指示しなくてもチャイムが鳴ったら、始まりの号令をかけて」と日直に伝えていた。
こうやって意図的に「手放す」ことが大事だと思う。
あるクラスの算数の時間、本時のねらいを書こうとしたら、子供たちから「めあては教科書に書いてあるよ」と声が上がった。
確かに算数の本時のねらいは教科書に書いてある。
書く必要があるかどうかは別にして、教科書を見れば、めあては先生に言われなくても書ける。
先生が板書するのを待たなくても書ける。
「今日のめあて、書けますね。」
が通じるならば、意図的に「手放す」ことが可能になる。
あるクラスの体育の時間は、いつも担任が準備体操の時間を計測して、何分かかったかを伝えて発奮材料にしている。
ところが、先日は、子供の準備が早すぎて、先生が運動場に行く前に準備体操が始まってしまった。
「今日は、みんなの準備が早すぎて計測できませんでした。すごいです」
と言われた子供たちは上機嫌だった。
先生がいなくても・先生に言われなくても動ける子供を育ててほしい。

| | Comments (0)

June 17, 2022

「個別最適な学び」とは真逆の・・

かつて中室牧子氏の講演で、
====
大学入学者のうち、大検合格者は、高校での様々な体験がないから、非認知能力が低い結果が出ている。
====
と知った。
この時のキーワードが
「taught by somebody」(誰かに教わるもの)」
中室氏が執筆したリクルートの連載にも同様の記述がある。
=======================
ヘックマン教授は、非認知能力とは「taught by somebody」(誰かに教わるもの)と定義している。
つまり、「非認知能力」とは、机に向かって1人で獲得できるような類のものではなく、家庭や学校のなかで、親や教師、友人らから「教わって」身につけるものだということなのだろう。
人生の成功を左右する「非認知能力」とは  2017年01月23日
==========================
・・・高校生活の様々な活動は、受験には無用で時間のムダかもしれない。
しかし、非認知能力の形成・人格の形成には重要なのだという。
個別最適な学びが強調されると、「みんなでやりましょう」が無駄に思えてくる。
確かに、早い子は待たされ、遅い子は急かされる。
受験学力だけ考えればオンライン個別学習でいいじゃないかということになる。
でもでも・・。
例えば算数の筆算の授業。
「53-27の計算。3から7は引けません。
5から1をかりて13、13-7は6・・・・」
というように、ベテランの先生は、みんなで声を揃えて言わせる。
1人ではきちんと言えない子も、みんなの声を聴いて、がんばって追い付こうとするから、アルゴリズムに慣れてくる。
集団で学習することで、クラス全体の底上げを図ることができる。
例えば読書の場面。
読書週間だから、みんな揃って静かに本を読んでいる。
たぶん、自宅では本を読めない子がたくさんいると思う。
みんなが静かに読んでいるから、自分も静かに読むしかない。
そうやって周囲の雰囲気に飲み込まれて読書習慣が形成される。
例えば、少し古いが、かつてテレビでやっていた20人21脚のレース。
20人の中には足の遅い子もいる。
だが、高レベルのチームは、20人で走ると、遅い子も全体に引っ張られて、自分の持ちタイム以上に速く走れてしまう。
1人では速く走れない子も、みんなと一緒に走ることで、タイムを上げることができる。
運動会の演技も、周囲が頑張っているから自分もやらなければと気合いが入り、どの子も当日はよい演技ができる。
「自分のペースで」と言われると、それがコンフォートゾーンになってしまって、快適なんだけど「ぬるま湯」にもなりかねない。
「自分のペースで」と言われて自分に強い負荷をかけられるのは、レベルの高い子だ。
人のふりをみて我がふりを直す。
人の行動を見て、それをモデルに自分も頑張ろうと思う。
みんなのペースに追い付こうと頑張る。
こうしてみんなで学ぶことで「やりぬく力・続ける力・我慢する力」=非認知能力を身に付けられる。
将来の成功は認知能力の高さよりも、非認知能力の高さが関与すると言われているのだから、
====
「みんなで学ぶ」「taught by somebody」(誰かに教わるもの)」
====
の大切さをしっかり意識させていきたい。
※今回はあえて「協働学習」というワードは使っていません。

| | Comments (0)

June 10, 2022

教師の仕事は「感情労働」!

「肉体労働」「頭脳労働」に加え、第3の労働のタイプを「感情労働」と呼ぶ。

・・・『教育マルトリートメント』出版記念のオンライン講演で川上康則氏が、教職も感情労働として話していた。
聞いたことのあるワードだったが、真剣に考えてこなかった。
教員は「肉体労働だ」とか「サービスマンだ」という発想から抜けきらなかったからだ。
(かつては冷房のない過酷な労働環境だったなあ。まさに肉体労働!)
自然に笑顔がこぼれる教師はいい。
しかし、「笑顔を作れ」と強要されたら、それは苦しいと思う。
ストレスによる心身の不調
 感情労働では、常に相手に好意的に接することが求められるため、自分の本来の感情を押し殺すことが多い。自分の感情をストレートに表現できないことが大きなストレスになり、気付かないうちに精神的な疲労が蓄積されてしまいがちだ。
それにより、「眠れなくなる」「憂鬱な気分になる」「イライラしやすくなる」といった心身の不調が引き起こされる可能性がある。
教員のメンタル不調を考えるなら、「感情労働」という視点で、労働環境をしっかり認識し手を打つ必要があ流。
教師は「肉体的に苦しい仕事」であり「精神的にも苦しい仕事」だ。
川上氏は、併せて次のような話もされた。
私たち(教師)は一体何に追い詰められているのだろう。
・・・ここでは、その詳細は触れないが、教職は何かと追い詰められやすい仕事だ。
だからこそ、せめて上司や同僚=身内からの「追い詰め」ぐらいは、なしにしたい。

| | Comments (0)

June 03, 2022

4年道徳 「友だち屋」 

 「友だち屋」(光村3年)は、「友達1時間100円」で商売を始めたキツネが「友だちから金を取るのか、それが本当の友だちか」と訴えたオオカミの言葉を受けて無料で友だち屋を請け負う話。
「無償」というと「ブラッドレーの請求書」と似ている。知らない方は確認しておくとよい。
 道徳には「人間の心の強い部分と弱い部分」の葛藤が道徳の1つのパターンになる。
 今回のような「ある場面で、主役の気持ちや行動がガラッと変わる」というクライマックス型も道徳のもう1つのパターンである。
教科書付録のワークには次のようにある。
◆はじめは「友だち一時間百円」と言っていたキツネが、帰るときには「何時間でもただ。」と言ったのは、どうしてでしょう。
・・・まさにクライマックスによる主人公の変容を問うている。
ただ「どうして」と聞かれて6行の罫線枠があっても、書けること書けない子の差は大きい。
ここは決定的な変化をもたらした「友だちから金を取るのか、それが本当の友だちか」を真ん中に据えて、その前後の状況を説明させるなら取り組みやすいかと考えた。
最初は、いっしょにすごす時間をお金(見返り)で考えていたが
「友だちから金を取るのか、それが本当の友だちか」と言われて
いっしょにすごすのは自分が楽しいからだから、見返りを求めないことにした。
あたりが解答例だろうか。
 現実的には「代金をいただく」ことはないので、ここは「見返り」という概念をぜひ理解させたい。
 するとお金以外にも物品をあげる・もらう・せびるような行為も、本当の友だち関係でないのだとつなげることができる。
 ワークには「友だちとは、どのようなものでしょう」とあるが、
「本当の友だちとは、どのようなものでしょう」を考えさせたい。
「どのようなもの」は答えにくいな。
「どんな相手」で統一してみようか。
①お金や物品のやりとりではない関係の相手
②お互いのことを考える関係の相手
③一緒にいて楽しい相手
④言いたいことが言える相手
「あげる・おごる」で相手のご機嫌をとったり
「もらう・おどす」で相手を言いなりにしたりするのは「友だち」ではない。
相手に嫌な思いさせたり、がまんさせたりするのは「友だち」でないし、
自分が嫌なのにちゃんと言わない(言えない)相手も「友だち」ではない。
そう考えると
◆みんなの中に「ぎゃく友だち屋」はいませんか?
も考えさせたい。お金や物で引き止める子だ。
※くまさんは、キツネに無理やりイチゴを食べさせたが、契約上の友だちだから、悪気はない。お金払っているんだから。
※オオカミは「本当の友だち」と言いながら、最初は「相手をしろ」と命じているから、それは友だちにしては不適当だ。
授業はくまさんやオオカミを深ぼりしない方がいい。

| | Comments (0)

May 26, 2022

葛藤のある道徳の授業

4年生の道徳(光村)の「よごれた絵」を参観した。
うっかり友だちの絵を汚してしまった主人公が、葛藤の末、きちんと謝ることを選んだ話。
※「わざとじゃない」と言うけど、掃除の時間に雑巾でキャッチボールしていて絵に当ててしまったんだから言い訳できないよね。掃除の時間に遊んでいたのは、すでに「故意」だよ。

教科書付録のワークシートをそのまま活用した授業だった。

本時の話し合いの大きなテーマが次のように示されている。

◆わざとではなくても、悪いことをしてしまったとき、
正直に言わなければいけないのは、どうしてでしょう。

「どうしてでしょう」って聞かれても、子供には難しいなと思う。
子どもはそもそも、たとえわざとではなくても、「悪いことをしてしまったときは、正直に謝りましょう」と教わってきているからだ。
今更「どうして?」と聞かれても、そんなの当たり前だよとなってしまう。

だから、次の場面も、「そりゃあそうだよね」になってしまう。

◆「ぼく」があきらさんに自分のしたことを打ち明け、心からあやまったのは、どうしてでしょう。


しかし、子供たちは、まじめだから、

①自分がされたら嫌だから。
②あとでばれるより、先に言った方がすっきりする。
③いつまでも黙っていたら、心がもやもやする

などが出た。
ただし、そもそも「どうして」という問いは答えにくいと自覚することが大事で、

◆自分のしたことを打ち明け、心からあやまったのは、どうしてでしょう。

よりも

◆自分のしたことを打ち明ける気持ちに変わったのはなぜか

の方が答えやすいし、

〇このまま黙っていると・・だから正直にあやまることにした。
〇このまま黙っているより、正直に言った方が・・・だから正直にあやまることにした。

のように話型にあてはめると、答えやすいと思う。

教科書には、タイトル横に、次の吹き出しがある。

◆「ごめんね」って言うのは勇気がいるよね。

そう、謝ることは勇気がいる。
自分の非を認めれば、激しく怒鳴られるかもしれないし、怒られるかもしれない。
嫌われるかもしれないし、弁償を求められるかもしれない。

人には誰でも強い心と弱い心がある。
この場合は「正直に謝ろう」という強い心と、「わざとじゃないから黙っていよう」という「弱い心」。
だから、謝れない人の「心の弱さ」に共感しながら正直に謝れる人に一歩でも近づくための授業でありたい。

 

ワークの後半は、次のように問うている。

「悪いことをしてしまったとき、自分から正直にあやまったことはありますか。

そのとき、どんな気持ちになりましたか」

この問いで「ない」と言い切る子は書くことがないから、全員書かせる場合には、こういう聞き方は適切でない。

 

おまけ(1)
許してくれる温かい集団でないと、謝ることはできない。
「このクラスのみんななら、こういうことがあっても、許してあげるよね」という確認があるとよい。

おまけ(2)
「四知の教え」・・天知る、地知る、我知る、他(相手)知る
秘密は、いつか分かってしまう。
誰が知らなくたって、自分の過ちは自分が一番よく知っている。他人はごまかせても自分はごまかせない。

| | Comments (0)

May 25, 2022

「探索的会話」

◆活発な話し合いを行っているグループの一人ひとりは何も学んでいない。
◆探求活動が行われているグループは、活発な話し合いではなく、静かなつぶやきとぼそぼそ声を交流している。
・・・『総合教育技術』2022年2月号の佐藤学氏の連載は奥が深かった。
================
グループ学習は「話し合い」にしないことが最も重要である。学びは既知の世界から未知の世界への旅(経験)であるが、「話し合い」はすでにわかっていることの交流であって、そこには学びが成立しないからである。実際、活発な話し合いを行っているグループの一人ひとりの発言を記録し分析すると、何も学んでいないことがわかる。学びが成立し探求活動が行われているグループは、活発な話し合いではなく、静かなつぶやきとぼそぼそ声を交流している。静かな教室でつぶやきと囁きが交歓されているグループ学習の教室こそが、質の高い探求と共同の学びが遂行されている教室なのである。
================
さらに、「会話」には2つのタイプがあるという。
◆ 「発表的会話」は「僕はこう思う」「これはこうだ」という会話。
◆「探索的会話」は「これがヒン トにならないか」「あれとこれは関係しているのではないか」と探りを入れながら推論し思考する会話。
なるほど。
確かに、すでにわかっていることを伝えるだけの交流なら、そこで交わされる会話は「自分はこう思う」「うん、そうだね」で終始してしまう。
そのような会話レベルなら、いくら活発でも、何の生産性もない。
グループ学習はそんなレベルでの「話し合い」にしないことが重要だという指摘は、すごく新鮮だった。

| | Comments (0)

May 24, 2022

「ゴール」と「ターゲット」 よく似た単語

SDGsは、ゴールですが、その下にターゲットがあります。

SDGsは、2015年の国連サミットにおいて全会一致で採択された、国際社会全体が取り組む目標です。17のゴール(目標)とそれをさらに具体化した数値目標を含む169のターゲットが採択され、「地球上の誰一人として取り残さない」ことを誓い、2030年までに達成することをめざしています。

 

ここで、自主勉強。

目標を表すさまざまな単語があることを確認しました。

 

①・goal

勉強においての最終目標、人生の目標、野心など、文字通り日本語の「ゴール」のイメージに近い、最終目標を表現するときに用います。

to reach one’s goal」(ゴールに達する)、「goal setting」(ゴール設定)などと使います。

 

②・objective

仕事上や行政上の目標に使います。ダイエットで痩せるなどの個人レベルではなく、規模の大きい目標設定のために使う、少し堅苦しい表現です。

sales objective」(売り上げ目標)、「objectives for the negotiations」(交渉目標)などと使います。

 

③・aim

資格試験の点数など個人的な勉強や、コスト削減など仕事上の目標に使えます。「aim」はもともと「狙う」という意味なので、目標に向けて頑張るイメージがあり、過程も大切にするニュアンスがあります。

to aim at the victory」(勝利を目指す)、「to aim at reducing cost」(コスト削減を狙う)などと使います。

 

④・purpose

一般的な意味での「目標」「目的」を表し、広範囲で使える便利な単語です。達成を前提としているため、現実的な目標に用いられる単語で、日常会話にも使いやすいです。

purpose of the day」(日々の達成目標)、「purpose of this session」(セッションの達成目標)などと使います。

 

⑤・intention

「意向」「意図」「目的」「目標」などの意味を持ち、目標に込めた思いを強調したいときにも使われる単語です。

one’s intention」(~の志)、「intension to succeed」(成功目標)などと使います。

 

⑥・target

具体例を挙げるときに使います。「target」はもともと「標的」という意味なので、狙いを定めるイメージです。

target area」(目標地域)、「target amount」(目標数値)などと使います。

 

https://www.kaplaninternational.com/jp/blog/useful-phrases-setting-goals

 

ゴールに向けて最善を尽くす。

ターゲットを定めて、達成を目指す。

言葉に厳密にありたいと思いました。

| | Comments (0)

May 17, 2022

ナンバリングとラベリング

4年生の国語の授業でスピーチ原稿を作っていた。

子供たちが「私の好きな〇〇」についてスピーチ原稿を書いていた。

学年が見本とした原稿に「一つ目は〜、二つ目は〜」と書いてあった。

ナンバリングだ。

「箇条書き」と併せて、ナンバリングを指導すると後が楽になる。

 

「一つ目は〜、二つ目は〜」とあると、聞き手も漏れがない。

予告文で「〇〇の良さを二つ言います」と宣言してくれると更に聞き取りやすい。

さて、ナンバリングより数段難しいのがラベリングだ

 

私の好きなコアラについて説明します。

一つ目は、コアラの住んでいる場所です。

コアラは・・・・

二つ目は、コアラの好きな食べ物です。

コアラは・・・・・

 

この場合の「住んでいる場所」「好きな食べ物」がラベルになる。

これが「構造」。

 

構造的に出来の良い文章を模範として読み込み、

自分も構造的な文章を書く癖をつけると、

読解力と表現力が相乗的に高まっていく。

 

・・・国語の授業だけではなく、各教科の授業でナンバリングラベリングを意識した文章表現に取り組ませてほしい

| | Comments (0)

May 16, 2022

ギフテッドの教育は「選りすぐり」ではない。

5月13日(金)「報道ステーション」、翔和学園の取り組みを視聴しました。
(1)ああ、絵が上手な子だな。これがこの子の才能か。この才能を活かすための支援をしていくのか。
・・・という期待は、あっという間に打ち崩されました。
「絵がうまい」だけでは生計が立たないから、就職活動をしなくてはいけない。
就職できる条件は絵のうまさではないから、就労に関わる訓練をしないといけない。
ギフテッドの特集で、ギフトを生かせない子の紹介から始まるとは驚きでした。
(2)理解が速すぎて通常の授業で満足させられない子。それでいて将来に対して不安もない、困り感もないこの子には、どんな言葉が入っていくのだろうか。
・・・共同作業による成功体験(チャレンジの体験)が功を奏したようでした。
なるほど一人で何でもできそうな自信家の彼でしたが、やっぱりみんなと協力しないと為し得ないプロジェクトもある。
そこに参加させることで、彼も変容していくのだと感動しました。
(3)ギフテッド=エリート教育というと、たくさんの子の中から優れた才能を持つ子を抽出するイメージがあります。
しかし翔和学園は真逆でした。
・・・「一人も残さない」。
まさに向山洋一氏の思想だと思いました。
「何万人の中から明日のビルゲイツを探す」ような才能のある子を選抜するのではなく、
全ての子に対して、その子に合った支援すること、「個別最適」を目指していることがよく分かりました。
無事視聴できて、本当によかったです。

| | Comments (0)

May 11, 2022

日本の国語教育に求められること

A:日本はハイコンテクストの文化
 島国で、人種・文化の多様性があまりない日本では、話し手と聞き手との間に共通項が多く、言葉を尽くさずとも何となくわかりあえる、暗黙知がある。
B:英米はローコンテクストの文化
 人種や文化が多様な地域では、共通項が少ないので、きっちりと言語化し、クリアでシンプルでわかりやすいメッセージを伝え、あいまいさを排除しなければならない。言語化して説明可能な知識を「形式知」と呼ぶ。
・・・文化の違いは「優劣」とは違うから、どちらが優れているかが問題ではない。
文化が違えば、自分たちの常識が通用しないと理解することが大事だ。
異なる文化、人種、背景を持つ人同士がわかりあうたった1つの手段はコミュニケーションである。だから、アメリカでは徹底して、言語化し、メッセージ化し、口頭で伝える教育が行われる。
日本が国際的な活躍(競争)をするには、アメリカのように、
徹底して、言語化し、メッセージ化し、口頭で伝える教育
が必要なのだ。
もちろん、文学の世界は「曖昧さ」が好まれる。
「うれしい」と書かないで「うれしい」感情を想起させる筆力が、作者の腕だ。
しかし「情景〜心にある感じを起こさせる光景や場面」の読み取りなどは、スキーマの問題もあって全員が納得することは難しい。
日本の職人の世界では技能を言語化せずに「見て学べ」と「暗黙知」が要求される。徒弟制度がなくなれば、そうした技能は消滅してしまう。
あいまいな表現で誤解されては、ビジネスでは困る。
誤解されない表現が「コミュニケーション」だ。
ハイコンテクスト文化の日本人は、自身のハイコンテクスト性の長所短所を十分理解して、
ローコンテクスト文化的な言語表現を身につけて補完する必要がある。
文学作品の「あいまいさ」をいちいち言語化するのは「野暮」ではある。
しかし、意味が通じないデメリット(誤解されるトラブル)を考えると、たとえ「野暮」でも、分かりやすい言葉に言い換える作業は必要になる。
※大学入試の国語問題(文学)は、およそ、ハイコンテクストをローコンテクストに言語表現することが基本なのかも。
「言ったつもり・伝えたつもり」にならない言語教育が求められている。
アメリカでは徹底して、言語化し、メッセージ化し、口頭で伝える教育が行われる。
日本の教育も、そうでなくてはいけない。
「『言語技術』が日本のサッカーを変える」(光文社新書)
初版は2007年でしたね。当然、その頃から「言語力・論理力・コミュニケーション能力」は話題になっていました。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧