August 25, 2023

「ごんぎつね」は、コミュ二ケーション不足の悲劇

  『国語教育』(明治図書)の1998年2月号で大森修氏が『ごんぎつね』に触れていた。

  「価値観が問われている」とあるだけで具体的な指摘がないが、否定的なニュアンスである。

  以前、樋口編集長から紹介された『アメリカ人と日本人』を読んだこともあって、国語教材の価値観(あるいは子どもに与える影響)について私も考えていた。

  『アメリカ人と日本人』は、日本の国語の教科書の内容や登場人物が、アメリカの教科書に比べ、ひ弱で自立していないといった趣旨になっている。そして、そうした国語教科書の登場人物の生き方が日本人の生き方に影響している(すりこまれている)のではないかと警告しているのである。

  以下に私見を述べる。

 ----------------------------------------------------------------------------

  文学作品の特徴(美)の一つは、行間を読むことである。登場人物の心情などは、\はっきり書かれるよりは想像を書きたてるような「あいまいさ」の方が好まれる。 

 「黙して語らず」という美徳もある。しかし、これは相手に確実に真意を伝える「議論の文化」と相反している。   

-----------------------------------------------------------------------------

  「ごんぎつね」の悲劇性は、いじわるな見方をすれば、

 ○ごんが兵十に黙って「つぐない」をしようと思った独りよがりの行為に問題がある。

 ○きちんとあやまることもせず、かげでこそこそ行動したところに問題がある。

ということだ。

そもそもごんが勝手にやった行為は相手に通じていなかった以上「つぐない」とは言えないのではないか。

という考え方もできる。

「ごん」のいたずらと「兵十のおっかあの死」だって関連は怪しいのである。

  ラストで「ごん、お前だったのか」と兵十が言っているが、だからといって「ごん」が何のためにくりやまつたけを兵十の元に届けていたのか、その理由まで伝わっているとは限らない。

「ごん」の真意さえ伝わっていないのなら「ごん」の死は実に無意味である。

  議論の文化・コミュニケーションの文化と言う観点で見ると、「ごんぎつね」は

○相手に自分の気持ちをきちんと伝えていない。

○相手に自分の気持ちが伝わるまで話し合っていない。

と言える。「誤解」を避ける努力をしていないとも言える。

 

○「ごんぎつね」の教材解釈に、「ごん」は独りよがりだからいけなかったのだといった批判的な読みが認められているか。

そうした読み方を認めるほど国語の授業は自由であるか。

○「ごん」の悲劇の原因はどこにあったか・どうしたら「ごん」の悲劇は防げたか、という形でコミュニケーションの重要性に気づかせる授業が行われているか。

○議論重視・コミュニケーション重視の授業をと言いながら、教材がコミュニケーション軽視でいいのか。

  コミュニケーション不足による悲劇といった反面的な形でなく、もっと正攻法でコミュニケーション重視を訴える教材こそが求められていいはずである。

  これが、私なりの「価値観が問われている」の意味である。

  「沈黙は美徳」をすりこむような文学教材のオンパレードなら、その分、明示的な説明文の授業を繰り返す方が「生きる力」になる。

 

 『一つの花』も父親とゆみ子がきちんとコミュニケーションしていない(ゆみ子の年齢がそう設定されている)。

  「一つだけの花、大事にするんだよう」といった暗示的なメッセージは実に文学的である。

ただし、それゆえに父親の真意といったものはきちんと伝わらない可能性がある。

結局何が言いたかったのかあいまいだから

  「食べ物を大事にしようと言いたかったんだ」

「この世に生きるもの全てを大切にしようと言いたかったんだ」

なんて、父親の真意を想像させる実践が存在する。  

  文学の世界では暗示や二重の意味が大切な効果を示す。

  しかし、コミュニケーションの文化では、暗示(暗黙の了解)は避けるべきである。

 

  私は文学の暗示的表現や登場人物の沈黙を否定しない。感動もする。

ただし、それは相手に自分の意をきちんと伝えることの大切さに比べれば、重要度は低いと言いたいのだ。

  書かれていない人物の気持ちばかり尋ねている(想像させている)授業は、書いてあることをきちんと読み取る授業より減らしていくべきである。

  また、書かれていない人物の気持ちを想像させながらも、自分たちは実生活で伝えるべきことは、きちんと言葉で伝えていこうと教えていくべきである。

 『ごんぎつね』の悲劇の原因が「思い込み」や「コミュニケーション不足」であるならば、ぜひ、悲劇からその学ぶ授業であってほしい。

  反面的に生き方を学ぶのが「悲劇」の読みの典型であると私は考えているから。

| | Comments (0)

August 16, 2023

「ごんぎつね」の語彙の指導

ずいぶん昔の「ごんぎつね」の授業実践が出てきた。
① 「ちょっ、あんないたずらをしなけりゃよかった 」
「このような気持ちを短く言うと何と言いますか?」と聞く。
みんなピンと来ないので、 「後かい」という言葉を教える。これは教えるしかない。
「しまったなあ、というような気持ちのことだよ」と補足する。
できれば「ごんぎつね」の授業に入る前に、道徳の授業や生活指導などで繰り返し使っておくと、ここはすんなり進む。
②「おれと同じ、ひとりぼっちの兵十か」
「このような気持ちを短く言うと何と言いますか」と聞く。
これもピンと 来ないようだったで、サッサと教えた。
「同情」と言います。(「共感」でも良い)
③ごんは、いわしやくりやまつたけを兵十に持っていきました。
「この時のごんの気持ちを短く言うと何と言いますか」
「先生、漢字ですか?」
「いいえ、ひらがなです。 どこかに書いてあります。
「うなぎのなんとか」 とヒントを出して「つぐない」 を出させる。
「後かい」も「同情」も「つぐない」も、この作品を読む上で(ごんの心情を読む上で)とても大切な要素になる。
しかし、これらの言葉を知らなければ、使えないわけだから、感想が貧弱になる。
語彙を増やすことは、言語環境の整備でもある。
「豊かな日本語の使い手」を育てることは、なかなか大変なことで、1時間の授業で解決する問題ではない。
だからこそ場面場面で、具体的に手を打つことが大事になる。

| | Comments (0)

August 04, 2023

「ごんぎつね」のワークシート考

ある先生の「ごんぎつね」自作ワークプリントを見せてもらった。

いくつかの資料を参考にして自作でワークシートを7枚。
早い段階だからこそ修正も効くので、いくつか助言を文書にまとめてみた。
(1)これまでの授業の積み重ねを意識して
 「白いぼうし」「一つの花」で取り組んだことと関わらせると理解がしやすくなります。
ここで新しいことを教える際も「『一つの花』でいうと~」のように補足しながら進めると納得させやすいです。
 「ごんぎつね」を読み取りながら、物語を読み取る汎用的なスキルを意識させると、別の作品を自分で読み解く意欲付けにもなります。
(2)全体―部分―全体を意識して
 読み取りのワークプリントは場面ごとになりがちですが、まずは作品の全体の流れ(設定)を把握し、そのあと場面ごとに読み取り、最後に全体を振り返ることが望ましいです。
 「ごんぎつね」の場合、ラストを読んでから、冒頭に戻ると、ごんと兵十の物語が長く語り伝えられていることが分かります。
 「このお話が村でずっと語り継がれているのは、なぜ?」という形で、この物語の魅力やメッセージを考えさせてみたいです。
 「一つの花」が、前半と後半で大きな対比構造になっているように、「ごんぎつね」は、前半と後半で「ごん」の大きな変化があります。
 いたずら好きだったごんが、償いをするやさしいごんに変化したのは、なぜか。どこか。
 その決定的な分岐点を考えるためにも、最後に作品全体の流れを振り返る時間が必要です。
(3)自分の感想・意見・理由を書きこむワークに
 ワークは、どうしても教師主導で読み取ったことを書き込む形になりがりです。
 子供はただただ書き写すのではなく、自分の意見(根拠)を書き残すワークであってほしいなと思います(ノートを併用する方法もありますが)。
 その場合、「ごんと兵十の行動や気持ちを読みとろう」といった漠然としためあてとは別に、焦点化した「問い」が必要です。
 A:ごんはどんな人物か?
 B:ごんは兵十に気付いてほしかったのか。気づかれたくなかったのか?
 C:ごんは幸せか。不幸せか?
 Aなら、たとえば、授業の終わりに毎回のプリントのタイトル「ごんぎつね」に「どんな」を付け足して、意見交換させます。
「やさしいごんぎつね」「いたずらを後悔したごんぎつね」など、各自の読みが反映するので、それを記入し、互いに聞きあうだけで、1時間のまとめになります。
 B・Cは、選択的に問うているので、「〇〇です。理由は・・」のパターンで自分の意見を言わせる訓練になります。
 ただし単純な二択にならない場合は「2対8」「5対5」のように割合表示で考えさせると、双方の立場を踏まえた意見を書く訓練になります。
 ワークを印刷した後に新たな問いが浮かんだ場合は、それぞれのワークの裏面に書かせれば大丈夫です。裏はフリースペースですから。

| | Comments (0)

October 12, 2022

「ごんぎつね」の指導計画 

◆すらすら読めるようになって、始めー終わりー中だけの検討で十分ではないか。

というある先生の感想をいただいたのが、1995年の春。

この年3月の日本言語技術教育学会報告を送った後のことだ。

市毛先生の「ごんぎつね」の指導計画は次の流れになっている。

1、このお話をすらすらと読めるようにしよう。

2、登場人物をすべてあげてみよう。

3、あらすじを5つにまとめよう。

4、ごんは初めは兵十に何をしましたか。

5、ごんは終わりに兵十に何をしましたか。

6、ごんが変わったのはどの場面ですか。

7、変わった理由はなんですか。(後略)

 

指導目標の③に次のように書いてある。

◆いたずらばかりしていたごんが、ひたすらつぐないを続ける、という作品の構造に気づく。

初めはどうだったか。終わりはどうなったか。なぜ、そう変化したのか。「中」で何が起きたのか。の順で検討している。

 

・・・鶴田清司氏のレジメにあった「学習の手引き(案)」にも、次の箇所がある。

=========

四 小説や物語では、一般に中心人物の心(考え)が、はじめと終わりで大きく変化している。「蜜柑」では、「私」の心はどのように変化しただろうか。エピソード(事件)の前後を対比することによって考えよう。

五、「私」の心がそのように変化したのはなぜか。その理由を話し合ってみよう。(後略)

=========

・・・鶴田氏の提案も「始めー終わりー中」の検討であることが分かる。

正しい引用はできないが、筑波の国語も、「始めー終わりー中」の検討が出てくる。

この順番で検討すると、「対比」「クライマックス」「人物の変化」「主題」などが含まれる。

 

石原千秋の『大学受験のための小説講義』(ちくま新書)にも、同様の指摘がある。

<テキストは2度読め>

①「それからどうなるか」という問いに即してストーリー(時間的経過)を読む

②「なぜか」という問いに即してプロット(因果関係)を読む

 我々はふだん「このあとどうなるか」のストーリーだけにこだわって小説を読んだりドラマや映画を見たりする。

しかし、作品を読み味わうには、②の「どうしてなんだろう」という問いかけも必要であるということだ。

日常的な読書体験は、①で終わってしまうことが多いが、授業で扱うなら。初読で①、精読で②を行うという手順になるだろうか。

| | Comments (0)

October 07, 2022

ごんぎつね ~兵十の状況が理解できない子~

他者の理解ができない子は、「どうして兵十はつぐないをしに来たごんを撃ってしまったのだろう」と疑問を持ちます。

読者である自分はごんのつぐないを知っているから、兵十も知っているはずだと思うからです。

発達障害児(自閉症児)の思考(発達障害児がどのように思考するのか)について理解するのに、「サリーとアンの課題」がよく取り上げられます。


前提・・1つの部屋にサリーとアンがいます。部屋には「サリーの青い箱」と「アンの赤い箱」が置いてあります。

①サリーはお気に入りのビー玉を「サリーの青い箱」の中にしまいました。

②サリーは部屋から出ていきました。

③アンは、「サリーの青い箱」からビー玉を取り出し、「アンの赤い箱」の中にしまいました。

④アンは部屋から出ていきました。

⑤サリーが部屋に戻ってきて、ビー玉で遊ぼうとしています。

さて、サリーはどこを探すでしょうか?。

 

◆サリーのビー玉は「アンの赤い箱」の中にあります。

しかし、アンが③でビー玉を「アンの赤い箱」の中にしまったことをサリーは知りません。

だから、サリーが探すのは①の「サリーの青い箱」です。

 

発達障害児に、「サリーとアンの課題」を聞くと、「アンの赤い箱を探す」という答えが返ってくることが多いそうです。

この課題は、サリーの気持ち(サリーが、ビー玉がどこにあると考えているか)を聞いています。

ビー玉が移された事実をサリーは知りませんから、この課題で正しい答えを導き出すためには、

「ビー玉が移された事実を、サリーが知らない」

という「サリーの気持ち(状況)」の理解が必要になってきます。

 

発達障害児は、客観的事実は理解できるが、他人の気持ちが分からない(「自分は知っていても相手は知らないことがある」と分からない)ことの一例として、この「サリーとアンの課題」は引用されます。

この課題は、発達障害児でなくても幼児は間違えるそうです。ストーリーの複雑さが読み取れない(頭の中でストーリー展開が追い付かないとか、メモリー容量を超えるとかの問題かもしれません)。

低中学年には、発達障害児でなくても他人の気持ち(他人の状況)が理解できない子・複雑な状況設定を読み取れない子がいることを知っておくとよいと思います。

| | Comments (0)

September 22, 2022

「ごんぎつね」の額縁構造 

「ごんぎつね」の額縁構造を考えると、主題も違ってくる。

◆これは、わたしが小さいときに、村の茂平というおじいさんから聞いたお話です。

 

 この話を語った相手が兵十や加助でないということは、長年、伝承されてきたということだ。

あれほど孤独だったごんが、死後、たくさんの世代に語り継がれる存在(愛される存在)になった。

という変化があることが分かる。

兵十との関わりで、この話を完結させてはいけない。

 

①ごんは誰とも関わらず一人で生きてきた。

②しかし最後は、兵十と関わって死んでいった。兵十にごんの思いは伝わった。

③だから、ごんはやさしいきつねとして、ずっと村人に語り継がれる存在になった。

 

「ごんが死んだ話、銃で撃たれた話」で終わらせず、「ごんは長く村人に愛される存在になった」と解釈するのが、全体の枠組みを意識した読み方だ。

ごんの思いは伝わらず、兵十に誤解されて撃たれてしまったが、ごんのやさしさは、その後もずっと長く語り継がれていった。

「死して、名を遺す」が主題にもなりえるわけだ。

「兵十は、ごんの命を奪ったが、その代わりに名誉を与えた」と言えるかもしれない。

だから、「ごんぎつね」を書いて、名を遺した新見南吉と重なるのだ。

| | Comments (0)

「ごんぎつね」セレクト

◆フィンランドメソッドで「ごんぎつね」の発問計画

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2010/01/post-55bd.html

 

◆題名から要約・題名からサブタイトル

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2020/12/post-2b4aa5.html

 

◆『ごんぎつね』の構造は「序破急」

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2021/10/post-ff1270.html

 

◆『ごんぎつね』の構造は「無限ループ」

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2022/09/post-ad34f2.html

 

 ◆「ごんぎつね」の解釈(1)「つぐない」

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2008/06/post_f418.html

 

 ◆「ごんぎつね」の解釈(2)悲劇を繰り返さないための教訓読み

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2008/12/post-c1c4.html

 

◆『ごんぎつね』の解釈 (3)「人間と狐」だからこその悲劇

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2021/10/post-14fa17.html

 

◆『ごんぎつね』の解釈(4)「有隣」

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2021/10/post-abc9be.html

 

◆「ごんぎつね」の解釈(5) 「分かってほしい」作者の投影

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2021/10/post-c57571.html

 

◆「ごんぎつね」の解釈(6) 額縁構造から読めること

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2022/09/post-8c786a.html

 

「ごんぎつね」の主役の検討

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2022/09/post-9152b8.html

 

◆「ごんぎつね」の対比の検討

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2022/09/post-a9dff2.html

  

◆別教材で「有隣」

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2022/09/post-1e76a5.html

 

| | Comments (0)

September 21, 2022

「ごんぎつね」の構造 ~ラストまで読んだら振り出しに戻る~

「ごんぎつね」は、「起承転結」ではなく「序破急」で考えると分かりやすいと考えたこともある。

前ばなしー起承転結ー後ばなし

で考えると、「結」も「後ばなし」もないように読める。

「教育科学国語教育」9月号No873の特集は「ごんぎつね」。
誌上座談会で、上月康弘氏(松本大学専任講師)は、次のように発言している。
多くの物語は「設定―展開―山場―終末」といった構造をとることが一般的ですが、「ごんぎつね」は、突然物語が中断され、読者は行き場を失います。「後ばなし」としての「終末」がないからです。しかし、このような一旦の読みも、再読によって更新されます。すなわち、初めの「語り」に戻ることによって、「ごんぎつねというきつねが確かに存在していたことを伝える話」として読めるのです。つまり、2度目の読みによって、「ごんぎつね」作品全体が「後ばなし」としての「終末」に位置付きます。「ごんのつぐないの話」から「兵十のつぐない話」への転回です。そして、3度目は、時間を越えて現在の「私たち」へと語り継がれてきます。このような永遠性をもつ語りのループの中で、ごんと兵十は「今」もなお「解り合い」を求めて悲しくさまよい続けています。
・・・なるほど、全部を理解したわけではないが、「後ばなし」がない作品も、再読で「前話」に戻れば、作品がひとつにつながる。
最後まで読めば、こういう経緯があって、ごんの話は今なお語り継がれているのだよということが分かり、そのまま、もう一度「ごんの話」を読み返す。
後ばなしで後日譚を説明してしまうのは「野暮」と言えるだろうか。
だから、後ばなしを加えずに、前ばなしに戻らせる。
この構造は、「大造じいさんとガン」でも同じだ。(ただし前ばなしのないバージョンもある)。
大造じいさんが囲炉の前で語った武勇伝を「お聞きください」と始まるのだから
「いかがでしたか」と後ばなしを加えてもいいが、なくてもいい。ない方がいい。
「前ばなし」があって「後ばなし」がない作品は、「黙して語らず」の美学に支えられていると考えればいい。
まだまだ、資料分析は終わらない。

| | Comments (0)

September 16, 2022

「対比」には共通点ある

ごんぎつねは、場面途中で次のようにつぶやきます。

「おれと同じ一人ぼっちか。」

これが、ごんと兵十の共通点です。

「では二人の違いは何?」と問うと

・人間と動物・友達や仲間がいる、いないなどが出るので、ベン図でまとめられます。

対比は違いを比べる手法ですが、全く違うものを比べるのは難しく、共通項(比較の基準)を持たないと比べようがありません。

「五月」と「十二月」を比べられるのは、いずれも「月だから。

「十二月」と「一月」を比べられるのは、いずれも「冬」だから。

「男子」と「女子」を比べるのは、どちらも「人間」だから

「子ども」と「大人」を比べるのは、どちらも「人間」だから

「夏休み」と「冬休み」を比べられるのは、どちらも「学校の休みきかん」だから。

・・・したがって比べるときは、

◆どちらも同じ○○だけど、違いは何?というように比べる基準(観点)意識させないと、何を比べているのか、何を列挙させているのか分からなくなってしまいます。

これは説明文で例示するとよく分かります。

「動物の赤ちゃん」「自動車くらべ」「海のかくれんぼ」

・・・どれも、このタイトルの基準に沿って、いろんな「動物の赤ちゃん」「自動車」「海の生き物」が列挙され、違いが説明されていきます。

ですから、対比の効用・対比表現・表にして内容を整理する方法は、説明文で学んでから物語に適用した方が理解がスムーズです、

「大造じいさんとがん」・・・一年目、二年目、三年目の攻略法を比べ、整理する。

「一つの花」・・・戦時中と戦後を比べ、整理する

「ごんぎつね」・・・一人ぼっちの兵十に共感する前後のごんの変化をまとめる

「やまなし」・・・「五月」と「十二月」の場面を比べ、整理する。

「説明文でやったときのように表にまとめてみよう」と取り組むことで、国語の授業に一貫性が生まれます。

| | Comments (0)

「ごんぎつね」の主役は?

『ごんぎつね』の主役は「ごん」でなく「兵十」という考え方がある。

「いたずら好きのごんが、母を亡くした兵十に共感して、心優しいごんに成長する」という構図で考えるなら、主役は「ごん」だ。

クライマックスで考えや行動がガラッと変わる人物を「主役」とすると、

(1)銃で撃たれてしまう「ごん」

(2)自分の償いがようやく兵十に伝わった(願いが実現した)「ごん」

という解釈が可能だ。

ただし

(1)火縄銃をばたりと取り落とす「兵十」

(2)ラストで償いがごんの仕業だと知る「兵十」のショック

も印象深い。

「人物の成長」という構図を考えると「ごん」を主役にし、分かりやすい主役の例として「ごんぎつね」を扱いたいところだが、実際は、そうとも言えないのだ(だから面白い)。

『大造じいさんとガン』の場合は、原題が「残雪」だったということもあり、主役がどちらかは学者の間でも議論になっている。

クライマックスをはさんで、考えがガラッと変わったのが「大造じいさん」だ。

しかし、途中で現れて、最後に去っていく人物で、しかも元々は題名になっていたとなると、「残雪」は主役として十分な重みがある。

◆『くじらぐも』の「くじら」は、子どもたちを楽しませて、去っていく。

◆『かさじぞう』の「じぞうさま」は、じさまとばさまに施しをして、去っていく。

「くじらぐも」や「かさじぞう」の感情表現はほとんどなく、作品は「子どもたち」や「じさま、ばさま」を中心に進んでいく。

それでも、題名になるくらいだから、やはり主役は「くじらぐも」や「かさじぞう」なのか。

「主役に最も影響を与える「対役」が題名になることも多い」と言ってよいなら、「かさじぞう」「くじらぐも」を対役の典型と見なすことができるが、それを言い切る自信が自分にはない。

「正解を1つに特定する必要がない」

「各自が根拠を持って意見を表明できればそれでいい」

ということで、意見が割れることを楽しみにしてはいる。

しかし、主役と対役の定義がブレるのは困るのだ。

そう考えると、主役で迷わないのは「スイミー」、「モチモチの木の豆太」、「海の命の太一」かな。

| | Comments (0)